スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPS細胞について

 最近話題のiPS細胞ですが、 周りを見てみると「なんだかわからないけど凄いね」みたいな感想が少なくないですね。

難しい話に見えるからでしょうが、実際の所、概要を捉えるくらいだったらそれほど難しいわけではないのです。

というわけで、何とか、分かりやすく書いてみようか…と思い立ってiPS細胞について書いてみました。

まあ、下手に僕が書くより「もっとくわしく知りたい。」の項に置いたリンク先のほうが解りやすい…かも……。




iPS細胞とは何ぞ?

 iPS細胞というのは万能細胞(※1)の一種であります。

(万能……中二心をくすぐられますね。)

万能と一口に言っても、様々な万能さがありますが、万能細胞の持つ万能さというのは、
一言で言えば、「人体を構成するどんな細胞にもなれる」ということです。

通常、体内で働いているほとんどの細胞~体細胞というのは役割が決まっていて、その役割に特化しています。

そして今やってる仕事を止めて別の役割に変わる……というのは細胞にとってはとても難しいのです。

(プログラマーがある日突然思い立って、自動車整備工になるのは難しい……というイメージ)

ところが、体細胞を取り出してiPS細胞に変えてやって、条件を整えてやると、色々な役割の細胞に変化できるんですね。

例えば、損傷した神経だとか、働かなくなったインスリン分泌細胞とか、満足に動かなくなった臓器、或いは不妊の方の生殖細胞。

こういったものの代替として活躍できる……と期待されております。



(※1) 正確には「万能」というには少しだけ万能さが足りないのですが、 医療的にはあまり問題ないそうです。




ES細胞との違いは?

iPS細胞とES細胞というのはその目的・能力は大体のところ同じです。

しかし、その細胞をどこから採ってきたのかが違います。

ES細胞は受精卵が少し細胞分裂した「胚」から採ってきます。

受精卵は既に生命であると考える人々にとっては、 ES細胞の研究・活用するのは、殺人を犯すようなものですから、 極めて受け入れがたいものでした。

一方、iPS細胞はES細胞とは違い、体細胞、 つまり普通に体を構成している細胞から採ってきていますから、 ES細胞のような倫理的な問題はある程度クリアできたと見て間違いないでしょう。

倫理的な問題に抵触せずに医療が発展するとあって、ローマ法王庁も好意的に見ています。



もう一つ重要な違いがあります。
ES細胞は胚を使うために、医療に使う場合、ほとんどは他人の細胞を使うことになります。

このため、拒絶反応が出やすいという欠点があります。

それにくらべ、iPS細胞は自分の細胞を使って作れますから、 ES細胞に比べて拒絶反応が少ない、または起こりにくいのです。

拒絶反応が全く起こらないかどうかは未だ論争中です。




iPS細胞の作り方は?

天然の万能細胞というのは「受精卵」です。

まあ、受精卵から人体になるんだから当然ですよね。

であるなら、受精卵に似た細胞を作ってしまえば万能な細胞ができるわけです。

ES細胞は、受精卵から少しだけ成長した「胚」を使って受精卵に近い状態を作りました。

一方、iPS細胞では、体細胞に4つの遺伝子(Oct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc)を入れることで、 受精卵に近い状態まで持っていけることが判明しました。

この四つの遺伝子を特定したのが山中教授で、 4つの遺伝子はヤマナカファクター(山中因子)と呼ばれています。




iPS細胞で何ができる?

成体を構成するほとんどの細胞になることができるので、 傷ついたりダメになってしまった組織を修復したり置き換えたりするための材料として使えます。

  • 神経を傷つけてしまって不自由している人のために神経細胞を作る。
  • 糖尿病の改善のためにインスリンを生産する細胞を作る。
  • 角膜を作る。
  • 血球を作ったり、血球になる造血細胞を作る。
  • 心臓が悪い人のために心筋を作る。
  • 骨を作る。
  • 肝臓細胞を作る。
など、多岐にわたって活用が期待できます。




iPS細胞の課題とは?

夢の様な新技術とも言えるiPS細胞ですが、まだまだ課題は多いです。

初期のiPS細胞は体細胞に4つの遺伝子を組み込んで作られますが、 その遺伝子の一つ、c-Myc遺伝子は発がんを強める傾向がありました。

この問題は、c-Myc遺伝子を使わない方法が開発されることで解決されましたが、 まだ問題は残っています。


体細胞をiPS細胞にするために、レトロウイルス(逆転写ウイルス)を使って遺伝子を導入しています。

きちんと改造された逆転写ウイルスは、目的の遺伝子を効率良く細胞内に運んでくれます。

しかし、細胞内に入った遺伝子がどの部分に配置されるかが調整できないため、 運が悪いと近所の癌遺伝子を活性化してしまいます。



これを回避するため、別の手段でiPS細胞化させるための遺伝子を運んだり、 あるいは、その遺伝子を使って作られるタンパク質を直接細胞に注入する方法も開発されてきています。

タンパク質を直接導入したiPS細胞は新たにpiPS細胞と名付けられました。

piPS細胞は未だ動物実験の段階で、ヒトの細胞でも出来るよう、研究が進められています。








もっとくわしく知りたい。


文部科学省 iPS細胞等研究ネットワーク - iPS細胞について
CiRA(サイラ)京都大学 iPS細胞研究所 - よくある質問
CiRA(サイラ)京都大学 iPS細胞研究所 - iPS細胞基本情報







iPS関連リンク


Shinya Yamanaka Lab(山中伸弥教授の研究室)
文部科学省 iPS細胞等研究ネットワーク
CiRA(サイラ)京都大学 iPS細胞研究所
iPS細胞 再生医療応用プロジェクト
独立行政法人科学技術機構 - iPS細胞と生命機能
ヒトiPS細胞等研究拠点整備 東京大学
iPS細胞医療応用加速化プロジェクト
再生医療の実現化プロジェクト










スポンサーサイト

米国の空母打撃群のメモ

空母打撃群 Carrier strike group (CSG)



太平洋艦隊 第7艦隊 第70任務部隊
西太平洋を管轄。日本とか。
空母打撃群 空母(最終割当) 空母航空団 駆逐隊 母港    
第5空母打撃群
CarGru 5
CVN-73
ジョージ・ワシントン
ニミッツ級 (原)
第5空母航空団 第15駆逐隊 横須賀基地    


太平洋艦隊 第3艦隊
東太平洋を管轄。
空母打撃群 空母(最終割当) 空母航空団 駆逐隊 母港    
第1空母打撃群
CarGru 1
CVN-70
カール・ヴィンソン
ニミッツ級 (原)
第17空母航空団 第1駆逐隊 コロナド    
第3空母打撃群
CarGru 3
CVN-74
ジョン・C・ステニス
ニミッツ級 (原)
第9空母航空団 第21駆逐隊 キトサップ    
第7空母打撃群
CarGru 7
CVN-76
ロナルド・レーガン
ニミッツ級 (原)
第17空母航空団 第7駆逐隊 コロナド    
第9空母打撃群
CCDG 3
CVN-72
エイブラハム・リンカーン
ニミッツ級 (原)
第2空母航空団 第9駆逐隊 サンディエゴ    
第11空母打撃群
CCDG 5
CVN-68
ニミッツ
ニミッツ級 (原)
第11空母航空団 第23駆逐隊 コロナド    


艦隊総軍
管轄地域を持たないが、おもに大西洋。太平洋の沿岸地域も担当する。
空母打撃群 空母(最終割当) 空母航空団 駆逐隊 母港    
第2空母打撃群
CarGru 2
CVN-77
ジョージ・H・W・ブッシュ
ニミッツ級 (原)
第8空母航空団 第22駆逐隊 ノーフォーク    
第8空母打撃群
CarGru 8
CVN-69
ドワイト・D・アイゼンハワー
ニミッツ級 (原)
第7空母航空団 第28駆逐隊 ノーフォーク    
第10空母打撃群
CCDG 2
CVN-75
ハリー・S・トルーマン
ニミッツ級 (原)
第3空母航空団 第26駆逐隊 ノーフォーク    
第12空母打撃群
CCDG 8
CVN-65
エンタープライズ
エンタープライズ級 (原)
第1空母航空団 第2駆逐隊 ノーフォーク    


註)所属艦隊はその時々によって異なる。


■セオドア・ルーズベルト CVN-71
ニミッツ級 (原)
退役するエンタープライズに代わり、第12空母打撃群の旗艦となる予定。

■ジェラルド・R・フォード CVN-78
フォード級 (原)
2015年に就役予定。

■ジョン・F・ケネディ CVN-79
フォード級 (原)
2018年に就役予定。




参考

■リンク
ja.Wikipedia - 空母打撃群 - 運用 - 現在

■米海軍の艦隊
  • 米国艦隊総軍 U.S. Fleet Forces Command
  • 米国在欧海軍 U.S. Naval Forces Europe (第六艦隊 Sixth Fleet)
  • 米国太平洋艦隊 Pacific Fleet
    • 第三艦隊
    • 第七艦隊
  • 米国中央海軍 U.S. Naval Forces Central Command (第五艦隊 Fifth Fleet)
  • 米国南方海軍 U.S. Naval Forces Southern Command (第四艦隊 Fourth Fleet)
  • 米国艦隊サイバーコマンド U.S. Fleet Cyber Command (第十艦隊 Tenth Fleet)
  • 米国海軍特殊戦コマンド U.S. Naval Special Warfare Command

ファーストサーバ大規模障害メモ

ファーストサーバ社のHP

レンタルサーバーの【ファーストサーバ】
ファーストサーバ株式会社

ファーストサーバ - ファーストサーバ 6月20日に発生した大規模障害に関する「よくあるご質問」
ファーストサーバ - 大規模障害の概要と原因について(中間報告) - 2012年6月25日 2:00
ファーストサーバ - 一部サービスにおける情報漏えいについて - 2012年7月2日 11:45


まとめ・NEWSなど

ファーストサーバ大規模障害まとめサイト

susi-paku ('A') 楽しければいいのです - ファーストサーバーがデータ初期化の大惨事!被害者の状況と損害賠償(約款)について調べてみた。
susi-paku ('A') 楽しければいいのです - ファーストサーバーの事故原因がほぼ人災だった。その概要と今後についてまとめてみました。
きしだのはてな - ファーストサーバーの手順の問題点
新井俊一のソフトウェアビジネスブログ - ファーストサーバの事故から考えること
ZDNet Japan- ファーストサーバ障害:サイボウズ「顧客が大変困っている」
INTERNET - ファーストサーバ、障害の復旧作業において情報漏えいがあったとして謝罪
あなたの正義は誰を殺しますか - ファーストサーバの障害について - 2012-06-25
naoyaのはてなダイアリー - ファーストサーバ社の障害に関して - June 26, 2012
蟻の実験工房(別館ラボ) - 例のデータ消失したサーバの件で思うこと - 2012-06-26
nabokov7; rehash - ファーストサーバのデータ消失事故、一番の問題を挙げるとしたら? - June 25, 201219:21


法的な話

企業法務マンサバイバル - ファーストサーバ社事件に思う利用規約と法律のあり方
企業法務マンサバイバル - ファーストサーバ社は“バックアップ”の提供を契約上の義務として負っていたのか - 2012年06月27日07:30
弁護士田中智之ブログ - ファーストサーバの慈悲 - 2012-06-27 22:23
Footprints - ファーストサーバ事件での賠償請求の範囲 - 2012-06-27 19:39
Footprints - ファーストサーバのデータ消失 - 2012-06-24 01:28


悲鳴

Togetter - ファーストサーバー障害によるユーザーの声・・・
NAVERまとめ - ファーストサーバで障害発生・・・ユーザーの阿鼻叫喚まとめ
Now Headline X 開発日記 - ファーストサーバに振り回された夜 - 2012-07-03


その他

阿佐ヶ谷ロフト - ファーストサーバ データ消失オフ「データはどこへ消えた?」
レジデント初期研修用資料 - 危機対応覚え書き
ITpro - 「約款確認を」内閣官房がファーストサーバ事件で注意喚起
とある速報 - 【緊急漫画】もしも、学園都市がファーストサーバを使っていたら。【管理人発狂】


哀愁と皮肉

NEC - 導入事例 Express5800シリーズ - 2005年6月9日/2005年6月28日
クラウド&サーバーホスティング完全ガイド - 企業研究 [インタビュー] ファーストサーバ株式会社 - 2010年4月2日 10:00


2ch

ログ速 - ファーストサーバ Part4
ログ速 - ファーストサーバ Part5
ログ速 - ファーストサーバ Part6
ログ速 - ファーストサーバ Part7
ログ速 - ファーストサーバ Part8
ログ速 - ファーストサーバ Part9
ログ速 - ファーストサーバ Part10
ログ速 - ファーストサーバ Part11
ログ速 - ファーストサーバ Part12
ログ速 - ファーストサーバ Part13
ログ速 - ファーストサーバ Part14
ログ速 - ファーストサーバ Part15
ログ速 - ファーストサーバ Part16
ログ速 - ファーストサーバ Part20
ログ速 - ファーストサーバ Part21
ログ速 - ファーストサーバ Part22
ログ速 - ファーストサーバ被害者の会
ログ速 - ファーストサーバ被害者の会 第2会場


ファーストサーバ以外

企業法務マンサバイバル - Amazonの障害と利用規約による免責 ― ウェブサービス利用規約の「日本流」と「米国流」を比較してみる
ニコニコ動画 - Linuxで rm -rf / を実行してみた



続きを読む

脂肪酸と抗癌(メモ)

脂肪

飽和脂肪酸  
  短鎖脂肪酸  
  C2 : 酢酸  
C3 : プロピオン酸  
C4 : 酪酸  
C5 : 吉草酸  
C6 : カプロン酸  
中鎖脂肪酸 吸収は門脈経由で肝臓へ。
  C8 : カプリル酸 オレイン酸と組み合わせると癌細胞のアポトーシスを誘発。
(血中にはオレイン酸が存在するため、肝臓の癌細胞には効果あるかも。)
C9 : ペラルゴン酸  
C10 : カプリン酸 オレイン酸と組み合わせると癌細胞のアポトーシスを誘発。
(血中にはオレイン酸が存在するため、肝臓の癌細胞には効果あるかも。)
長鎖脂肪酸 リンパ管を通って全身へ。
  C12 : ラウリン酸 オレイン酸と組み合わせると癌細胞のアポトーシスを誘発。
C14 : ミリスチン酸  
C15 : ペンタデカン酸
(ペンタデシル酸)
 
C16 : パルミチン酸 癌細胞のアポトーシスを誘発するが、オレイン酸と組み合わせるとその効果減少。
(大腸系がん細胞には効果あるかも。リンパ管のがん細胞も?)
C18 : ステアリン酸  
C20 : アラキジン酸  
C22 : ベヘン酸  
C24 : リグノセリン酸  
ω-3脂肪酸 抗癌効果?
ビタミンC、ビタミンEと摂ること。
  α-リノレン酸 (ALA) 必須脂肪酸
エイコサトリエン酸 (ETE)  
エイコサテトラエン酸 (ETA)  
エイコサペンタエン酸 (EPA)
(イコサペンタエン酸)
(チムノドン酸)
必須脂肪酸
魚油に含まれる。
ドコサペンタエン酸 (DPA)  
ドコサヘキサエン酸 (DHA) 必須脂肪酸
魚油に含まれる。
ω-6脂肪酸 必須だが、ω-3脂肪酸の働きを阻害する。
  リノール酸 必須脂肪酸
γ-リノレン酸 必須脂肪酸
エイコサジエン酸  
アラキドン酸 必須脂肪酸
ドコサジエン酸  
ドコサテトラエン酸  
ドコサペンタエン酸  
ω-9脂肪酸  
  オレイン酸  
エイコセン酸  
ミード酸  
エルカ酸  
ネルボン酸  
トランス脂肪酸 発がん性の証明は少ないが、
発がん性がなくても体には悪いので摂らないほうが良い。
共役リノール酸  


新技術説明会 - 異なる脂肪酸を組み合わせることで強力にがん細胞を死滅させる
がん予防・検診研究センター - 魚・長鎖n-3系多価不飽和脂肪酸と 大腸がん罹患との関連
がん予防・検診研究センター - 魚・n-3脂肪酸摂取と大腸がん罹患

国立健康栄養研究所 - 共役リノール酸
上原記念生命科学財団研究報告集 - 共役脂肪酸のガン細胞における低酸素ストレス応答抑制効果
京大院農・産業微生物学講座 - 共役脂肪酸の生理活性

2010年、2011年の事件の年表

2010年


2010年1月12日 - ハイチ地震、死者が31万6千人。
2010年2月27日 - チリ地震、死者802人。
2010年3月29日 - モスクワ地下鉄爆破テロ
2010年4月10日 - ポーランド空軍Tu-154墜落事故(ポーランド大統領死亡事件)
2010年4月14日 - 青海地震、死者2,698人、行方不明者270人。
2010年4月14日 - エイヤフィヤトラヨークトル噴火、欧州の航空に甚大な障害。
2010年8月19日 - イラクの米軍戦闘部隊が撤退。
2010年9月7日 - 尖閣諸島中国漁船衝突事件
2010年12月26日 - チュニジアで抗議デモ始まる。(ジャスミン革命の開始)



2011年


2011年1月08日 - ギフォーズ米国下院議員、銃撃され重態。
2011年1月14日 - チュニジアでベンアリ政権崩壊。
2011年1月18日 - イエメンでサレハ大統領に退陣を要求するデモが始まりだす。
2011年1月25日 - エジプトで『怒りの日』ムバラク退陣要求デモ開始。
2011年2月11日 - ムバラク政権崩壊。エジプト軍最高評議会が臨時政府を立てる。
2011年2月15日 - リビア東部のベンガジでカダフィの退陣を要求するデモ開始。
2011年2月22日 - クライストチャーチ地震
2011年3月11日 - 東日本大震災、死者行方不明者合わせ二万人。福島第一原発事故
2011年5月02日 - ウサマ・ビン・ラディン死亡
2011年7月09日 - 南スーダン共和国がスーダンから独立
2011年7月22日 - ノルウェー連続テロ事件(銃乱射事件)
2011年7月23日 - 中国高速鉄道脱線事件
2011年8月06日 - イギリス暴動。
2011年8月23日 - リビア国民評議会が首都トリポリを占領し、カダフィ政権崩壊。
2011年9月17日 - ウォール街占拠デモ。
2011年10月 - タイで大規模な洪水被害が始まる
2011年10月06日 - 米アップルのジョブズ氏死去。
2011年10月21日 - リビアのカダフィ大佐が故郷シルトで銃撃戦の末、死亡。
2011年10月23日 - トルコ、クルド人地区で地震。千人以上死亡。
2011年12月16日 - ロシアでソ連崩壊後最大の抗議デモ始まる。プーチン政権に反発。
2011年12月16日 - フィリピン・ミンダナオ島に台風。500人以上死亡。
2011年12月17日 - 金正日総書記死亡(19日発表)
2011年12月31日 - オウム逃亡犯の平田信、出頭

続きを読む

プロフィール

える

Author:える
文理不明の生き物。
知識を食って生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

目次
世界の民族一覧
- (試行版)
民族問題INDEX
- とある理系の民族問題

民族差別のテンプレート的言説


日本の歴史的地名
エジプトの簡易民族地理
サウジアラビア基礎情報
シリアの簡易民族地理


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


googleアドセンス

Amazon.co.jpアソシエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2レンタルサーバーLite

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。