スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国反日暴動について、幾つかの注意点メモ(草案)

(1)対抗デモ等を行なってはならない。
このタイミングでの反中デモ等の行動は、現状の問題を全く解決しないばかりか、中国での反日暴動の「ひどい」という印象が打ち消される恐れが有り、中国政府を利する行為となる。

(2)海上保安庁に出来るだけ協力すること。
これからは尖閣方面に出現する中国漁船が増加するため、人員・予算の拡充等が必要となる。

(3)自衛力は戦争を「しない」ためにある。
軍事力は、国境を挟んだ両勢力のバランスを拮抗させ、勢力バランス崩壊による戦争を防止するために存在しなければならない。
戦端を開いた、或いは開かれた時点で半分敗北したのと同じであることに注意しなければならない。
(追記)
戦争防止は軍事力によるバランシングだけではないことに注意。
『 戦争で得る利益 < 戦争による損失 』 となるように外交・経済・軍事的環境を構築すること。
※ @giteki さんの指摘を受けて追記

(4)尖閣に自衛隊を出すのはまだ早い。
漁船と漁業監視船に対抗させるべきは海上保安庁である。
先に中国が軍事力を差し向けた時に初めて自衛隊を出すべきである。
もし万が一軍事衝突が起こるならば、侵略という汚名は確実に中国に引き受けさせるべきである。

(5)製造工場等を中国から東南アジア、インド等にシフトする。
愚かな暴動をすれば、経済とそれを支える信用が毀損されることを示さなければならない。
ただし、完全な損害保障が行われた時にはそのまま存続させるほうがよい。
(追記)
ただし、反日デモ・暴動が起きなかった大連市のみは投資を存続させる。更に、中国国内の拠点を大連市に持っていくこと。


(6)南シナ海に面した国々、及びインドとの連携を活発にする。
中国の横暴という問題を各国で共有することで各個撃破的に中国の言いなりになることを防ぐ。
ただし、封鎖等、包囲網と受け取られる行為は慎重になるべき。

(7)在日中国人には普通に接すること。(追加)
ごく基本的で当然なことだが、日本に居住する中国人には普通に接すること。
領土問題等を持ちだして難癖を付ける者が多ければ、世界中に向かって日本の名誉を毀損する事になる。






以下、追加等するかも……。





続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

える

Author:える
文理不明の生き物。
知識を食って生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

目次
世界の民族一覧
- (試行版)
民族問題INDEX
- とある理系の民族問題

民族差別のテンプレート的言説


日本の歴史的地名
エジプトの簡易民族地理
サウジアラビア基礎情報
シリアの簡易民族地理


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


googleアドセンス

Amazon.co.jpアソシエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2レンタルサーバーLite

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。