スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民族差別のテンプレート的言説



民族差別のテンプレート的言説


 民族差別は様々な地域、時代で起こっているが、 その言説にはある程度共通性があり、 それを「民族差別のテンプレート」として提示する。
テンプレートであるため、あえて具体的な特定の事件・事案は例示せず、共通する言説を抽出した。
そのため、民族名も特定せず、「民族X」や「対象の民族」等の表記をする。
それぞれ思い思いの民族名を当てはめてみれば、見たことのある民族差別が浮き上がってくると思う。

 しばらくしたらコメント等を参考に改訂版を出すと思います。




民族差別の基本的な言説


ほとんどの民族差別的言説は以下の三つの基本的な言説をベースとしたもの、或いは説明するためのものである。


A1. 民族Xは劣っている


 対象の民族が自民族より精神的・肉体的・遺伝的・文化的に劣っていると主張され、 この理論が民族差別の根源的根拠を与える。 多くの場合、ただ単に劣っているのではなく、 人間以下と(意識的・無意識的に)定義される。
 劣っている人間、或いは人間ではないために、 人権(あるいは平民階級の権利)の対象外とされ、 弾圧・収奪・奴隷化などが容認される。

 文化が民族の境界線として重視される社会では、 対象の民族の文化を保持していることが侮蔑・弾圧の対象となる。

 血統が民族の境界線として重視される文化圏では、 自民族の文化を受け入れたとしても差別が継続される場合が多い。
また、劣っているとされる民族Xとの混血は忌まれる傾向にあり、 その子供も民族Xとされ、迫害される傾向にある。
また、民族Xとの混血は自民族にとって汚染であると喧伝される。


A2. 民族Xは我が国を牛耳り、我々を陥れようとしている。


※「我が国」の部分に「世界」や「国際政治」、「経済」が当てはまることもある。
 民族Xを文化的あるいは物理的に排除しなけらばならない理由として主張される。

 「政府そのものが牛耳られている」パターンと「利権を持っている」というパターン、 またはそれらの複合が喧伝される場合が多い。

 外交的・政治的困難さの原因を民族Xの利敵行為(○○の手先となって活動している等)の結果と結論付けることも多々あり、 陰謀論と繋がりやすい。


A3. 民族Xは狡猾である。


 優れた自民族が劣った民族Xの脅威に曝されている理由として、 民族Xが狡猾かつ倫理がないために、 善良な自民族の人間が思いもよらない行動をしていると結論付ける。
これにより、矛盾する『民族Xは劣っている』と 『民族Xは我が国を牛耳っている』という言説を両立させる効果がある。





A1の派生


『民族Xは劣っている(A1)』の派生


B1. 民族Xの文化は低劣かつ有害である


 対象の民族の文化を貶め、嘲笑する言説は多々見られ、それが民族Xの劣っている原因の一つとされる。

他の民族の文化というのは優劣とは関係なくおかしなものに見えるため、 よく使われる手法となっている。


B2. 民族Xは区別でき、区別しなければならない。


 劣った存在である民族Xは自民族と同一であるはずがなく、 判別しにくいことも多いが区別出来る特徴を持っているとされる。
多くの場合、その特徴を元に魔女狩り的な事象が起こる。
また、喧伝される「特徴」は的はずれなことも多い。

 場合によっては、一目で分かるよう工夫されることもある。




A2の派生


『民族Xは我が国を牛耳り、我々を陥れようとしている(A2)』の派生


C1. 民族Xは外患を誘致している


 対象の民族が、外国政府あるいは団体の手先となって自国に害を為していると喧伝されることは多い。
これにより、より対象の民族の脅威度を高く印象付けることが出来る。

※利敵行為そのものは存在することもしないこともあるが、 それの行動主体を個人や政治思想や政治的団体ではなく民族だとと考えることが最も大きな特徴点。


C2. 我々は被害者である


 自民族・自国を被害者と位置づけることにより、 民族Xを最後の一人まで排除しない限り自国の安寧はないと結論付け、 継続的な政治運動の基盤とする。
また、被害者であるからこそ、法規を超えた暴力的な対応が肯定される。


C3. 民族Xに味方するものは民族Xである


 自国に被害を与える民族に味方する者は、 その民族と見なされる……または裏切り者であると認識され、 差別の対象となる。




A3の派生


『民族Xは狡猾である(A3)』の派生


D2. 民族Xは利己的である


 共同体のリソース利用の権利が無いことの理由として、 対象の民族を利己的であり、共同体に貢献しないと喧伝される。




A2、A3の派生


『民族Xは我が国を牛耳り、我々を陥れようとしている (A2)』
『民族Xは狡猾である (A3)』
の二つの派生。


G1. 民族Xは身分を隠して潜んでいる


 自国民に偽装する民族Xを描くことにより、 「いつどこに出現するかわからない」、 「政府の中枢にもいるかもしれない」、 「隠れて政治的団体に影響を及ぼしてるかもしれない」という疑念を生じさせる。




A1、A2、A3の派生


『民族Xは劣っている (A1)』
『民族Xは我が国を牛耳り、我々を陥れようとしている (A2)』
『民族Xは狡猾である (A3)』
の三つの派生。


H1. 民族Xは嘘つきである


 対象の民族を嘘つきとすることにより、 社会の裏切り者であること、ビジネスや交友関係の対象たり得ないことを喧伝する。



H2. 民族Xは失業者である


 劣っていることの一例として提示され、 失業しているにもか関わらず生活水準が高いことが利権を保持していることの根拠とされる。


H3. 民族Xは犯罪者である


 対象の民族は犯罪率が高いとされる場合が多い。
犯罪の理由として、精神・倫理の劣悪姓、組織的目的のため、あるいは「我々」に危害を加えるために行われるとされる。
また、一部の犯罪は対象の民族全体の犯罪として喧伝される。


スポンサーサイト
プロフィール

える

Author:える
文理不明の生き物。
知識を食って生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

目次
世界の民族一覧
- (試行版)
民族問題INDEX
- とある理系の民族問題

民族差別のテンプレート的言説


日本の歴史的地名
エジプトの簡易民族地理
サウジアラビア基礎情報
シリアの簡易民族地理


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


googleアドセンス

Amazon.co.jpアソシエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2レンタルサーバーLite

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。