スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年2月4日エジプト革命の時系列 <出発の日 #egyjp>

―04時―
アルジャジーラが弾圧され、生中継が不可能に。特派員は匿名に。

―06時―
夜明けのタハリール広場では、スローガンの声、拍手、戦意高揚の音楽
CNNワトソン特派員「いまエジプトは朝6時。この数時間タハリール広場では銃声が聞こえない。この時が続いて欲しい。」

―07時―
「夜明け、抗議デモ隊は今も広場にいる。軍隊が小型トラックで兵士を輸送しているのを見たが、防御のためで攻撃のためではないようだ」
ジョン・スノウ(英ch4の看板キャスター、ホテルから出られない状態のはず)


「ムバラク出て行け」の掛け声

―08時―
米国務省(CNN)「ジャーナリストの身柄拘束の背景にはエジプト内務省がいるという情報がある」

「午前8時、タハリール。群集の掛け声は歌に変わった。美しいデモが既に始まっている。昨晩から止まっていない」

大統領邸宅周囲に「警察」トラックが数10台。

「もしタハリールに行くつもりなら急げ。軍が新しく障壁を築いている。入るのは困難だ」

普通の人や女性の参加が多い

―09時―
「別れの金曜日」の再集結は金曜の礼拝がある正午(日本時間では19時)に呼びかけられている。

「親ムバラク派の攻撃が始まる前のお祭り的でお祝的な雰囲気がタハリールに戻ってきている」

地下鉄駅を通ってタハリールに着いた。IDチェックがあった。実際、入口の全てで市民による検問が行われている

タハリールは超満員だ。人々が流れ込んでくる。彼らは今日をムバラクの「旅立ちの日」と呼んでいる。

エジプト国営放送はタハリールで自社リポーターが襲撃されたと報道。

「親ムバラク派はジャーナリストがタハリール広場に入るのを阻止している」

―10時―
65人くらいの兵士が10月6日橋と博物館に配置されている。暴動鎮圧用の装備。河畔などへのアクセスを制限。もし傭兵どもが戻ってきたら撃つと。
http://twitter.com/minakamiyukino/status/33434973117616128
http://twitter.com/nofrills/status/33435395026849793
http://twitter.com/minakamiyukino/status/33441558015508480

広場の新たなコール「変化、力、愛国、そして正義」

タハリール広場の入り口

―11時―
「広場にはムバラク派はいないようだ。もし入り込んでいれば民主派が捕まえて、軍に引き渡すだけだ」

タハリール広場にて「集団でまとまってください。博物館側は、政権の民兵thugsがいますので、避けてください。広場に行く方は、できるだけ早く到着するようにお出かけください。」

―12時―
親ムバラク派が集結し、反ムバラク派のタヒリール広場への入場を阻止しようとする。

タハリール広場の入り口に厳重な軍の警備

タヒリール広場全体で礼拝中

礼拝が終了し、「ムバラクよ出て行け」と掛け声。
http://twitter.com/oritashinya/status/33475990940291072
http://twitter.com/cdnmai/status/33477257091616768

共同通信のカメラマンが私服警官に捕まる

―13時―
アレキサンドリアで小競り合い

共同通信のカメラマンが解放される(20:17JST)。
https://twitter.com/KiyomuTomita/status/33484527347171328
https://twitter.com/KiyomuTomita/status/33484805999960064
https://twitter.com/shamilsh/status/33485631619342336

クリスチャン(コプト派)は教会の「デモ出るな」を無視して参加

マンスーラで1万人以上の抗議行動。


―14時―
親ムバラク派がタハリール広場に向かう。

アルジャジーラのカイロ事務所が襲撃され潰される。

アレクサンドリアでも最大100万人規模のデモ

マンスーラ:反ムバラク派デモ50万人

アスワンでは2万人がムバラク退陣を求めデモ。

―15時―
親ムバラク派が反ムバラク派を襲撃

タハリール広場の東側の路上で争いが起こり、反ムバラク派はバリケートで防御

軍は外国人ジャーナリストを守れとの命令を受けた

「タハリール広場の東にあるタラート・ハーブ広場はカオスになっている。しかしバリケードそのものは攻撃を受けていない。戦闘は通りで行なわれている」


「タラート・ハーブ広場、民主派(反ムバラク派)が親ムバラク派を追い返した。今は通り全体が『民衆は体制の崩壊を望む』と声を上げている」


―16時―
talaat harbに通じる3つの道では親ムバラク派と反ムバラク派が対立している。戦闘にはなっていない
http://twitter.com/minakamiyukino/status/33525709343436800
http://twitter.com/minakamiyukino/status/33529107417542656

スレイマン副大統領「人びとに、家に帰るようにお願いはするが、強制はしない。暴力を使うことはない。決して」

―17時―
夕方の礼拝

―22時―
アルジャジーラのカイロ支局のアラビア人スタッフが逮捕
http://twitter.com/ue263/status/33657996072452096
http://twitter.com/nakano/status/33658230211088385
http://twitter.com/nakano/status/33658665290432512









関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

える

Author:える
文理不明の生き物。
知識を食って生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

目次
世界の民族一覧
- (試行版)
民族問題INDEX
- とある理系の民族問題

民族差別のテンプレート的言説


日本の歴史的地名
エジプトの簡易民族地理
サウジアラビア基礎情報
シリアの簡易民族地理


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


googleアドセンス

Amazon.co.jpアソシエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2レンタルサーバーLite

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。