スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアの簡易民族地理 #syrjp

[注意] この記事では、パレスチナ・レバノンを含む歴史的地名である『大シリア地方』ではなく、シリア・アラブ共和国について記述する。

シリアの民族構成

シリアの民族統計 (2190万人)
  スンニ派アラブ人 62% 1358万人  
アラウィー派アラブ人 16% 350万人  
その他のシーア派アラブ人   2% 50万人?  
ドルーズ派アラブ人   3% 70万人  
マロン派キリスト教アラブ人   1%以下 5万人?  
クルド人   7% 130万人~200万人  
シリア・トルクメン人   5% 75万人~150万人  
アッシリア人(キリスト教)   4% 87万人~114万人  
アルメニア人(キリスト教)   1%以下 10万人  
       
       



シリアの簡易民族地理

シリアの地勢は大きく三つに分かれる。
・地中海に面する沿岸部
・内陸の砂漠とオアシスで構成される内陸シリア地方(アレッポ、ダマスカス)
・ユーフラテス川流域である東部はジャジーラ地方

ただし、北辺と北東部の国境地帯はクルディスタンに、南部の国境地帯の一部もドルーズ派地域として別扱いされる。また、ゴラン高原はイスラエルに占領されている。


シリアの簡易民族地理


沿岸部

 ラタキア県、タルトゥース県にあたり、地中海に面する地中海性気候の地域。この地域の中心都市であるラタキア市は、シリアの港湾を担っていて、人口的には第四の都市である。
 この地域の人々はシリア共和国の多くの地域(スンニ派)とは違い、アラウィー派というイスラム教シーア派の一派を信仰している。その独特の教義のためにしばしば異端と言われることも少なくない。少数派にも関わらず、シリア共和国の政治を握っている。

 オスマン帝国時代には、元々レバノンの沿岸部と同じくベイルート州であったが、フランスに占領され、『フランス委任統治領シリア』の『アラウィー派国』となった。アラウィー派国の自治的地位はその都度変動したが、最終的にはシリアの一部として独立した。


内陸シリア地方

 基本的には乾燥地帯であり、河川の沿岸部やオアシスに人口が集中している。シリアの代表的な都市であるダマスカス、アレッポなどを有し、その歴史は古い。住民はイスラム教スンニ派を信仰するが、キリスト教非カルケドン派のシリア教会の教徒や東方正教会アンティオキア総主教庁管轄のキリスト教徒などが居る。
北部・中部・南部に分かれる。
北部はアレッポ(ハラブ)を中心とする地域。山地を水源にした内陸河川に依存している。イドリブ県とアレッポ(ハラブ)県。
中部は東部レバノンからトルコのハタイ県までの内陸地域を貫流するオロンテス川に依存する地域。ハマー県とホムス県。
南部はダマスカスを中心とする地域。アンチレバノン山脈などの山地を水源にした内陸河川に依存している。首都ダマスカス、ディマシュク県。


ジャジーラ地方

ユーフラテス川流域のラッカ県とデリゾール県。内陸シリア地方と同じくイスラム教スンニ派を信仰。文化圏的には、下流のイラクの延長であり、『ジャジーラ地方』とは、バグダット以西のイラク領を含めての呼び名。 言語も他の地域と違い、アラビア語イラク方言。
シリアの都市部全体にアルメニア人は分布するが、デリゾール市は特に多く、トルコを追われてきた人々の子孫が少なくない。

Wikipedia - ジャズィーラ

ドルーズ派地域

ジャバル・ハウラーン(Jabal Hawrān)、ジャバル・アル=ドゥルーズ(Jabal al-Durūz)とも言う。

 エッドゥルーズ山地を基盤とする地域。スワイダー県。内陸シリアのダマスカス地方の一部として扱われることが多いが、ここはイスラム教ドルーズ派やキリスト教を信仰する人々が多く、かなり異色の地域である。
 ドルーズ派はイスラム教のシーア派の中でも主流であるイスマーイール派からの分派だが、その教義の特徴から異端視されることが多い。この地域以外にもドルーズ派は分布するが、レバノンやゴラン高原など、基本的に国家権力の及びにくい地域で信仰されている。

クルディスタン

北東の突端部であるハサカ県と、アレッポ県の北部国境沿いはクルド人が多く、クルディスタンと見做されることが多い。
ハサカ県の主な民族は、クルド人をはじめアラブ人・アッシリア人・アルメニア人であり、他の地域とは違い多彩である。地域によってはアッシリア人やアルメニア人といったキリスト教徒が多数派の都市も存在する。


ゴラン高原

シリア領クネイトラ県であるが殆どがイスラエルに占領されている。軍事境界線上にある県都クネイトラは1973年の「ヨム・キプール戦争」で破壊され、殆ど無人地となっている。
シーア派のアラブ人とドルーズ派のアラブ人、チェルケス人、そして入植したユダヤ人が居住している。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

える

Author:える
文理不明の生き物。
知識を食って生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

目次
世界の民族一覧
- (試行版)
民族問題INDEX
- とある理系の民族問題

民族差別のテンプレート的言説


日本の歴史的地名
エジプトの簡易民族地理
サウジアラビア基礎情報
シリアの簡易民族地理


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


googleアドセンス

Amazon.co.jpアソシエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2レンタルサーバーLite

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。