スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発とエネルギー政策

Twitterと原発とエネルギー政策と僕の問い



 原発とエネルギー政策について、Twitter内で様々な議論がされている。
『原発を無くしたら、電気の無い不便な暮らしに耐えられない。』
『放射能に汚染されるくらいなら、使用電力を減らしてもいい』
などなど。


 原発を使ってでも生活を維持したいと叫ぶのならば、原発をどう安全に運用していくのか、危険度にペイするほどのものなのか、それに答えなければならない。少なくとも、東京電力という無責任な企業に原発を任せてしまってこうした事故が起きた以上、今後、そのような無責任な者の手で管理されることの無いように制度を設計しなければならならない。また、今回のような事件を再び起こさないための安全対策や、事故が起こったときの対応も、詳細に詰めなければならない。
それと、一つ問う。このような放射能の恐怖と一生向き合うことになりますが、よろしいですか?と。

 使用電力を減らしてもいいんだ、と叫ぶのならば、貴方の想像している以上の悲劇が起こることを覚悟しなければならない。古来より、エネルギー、食糧、水の値段が上がるときは(つまり、不足するときは)命の値段がそれに反比例して下落してきたことに注意しなければならない。例えば、ワープア問題などはエネルギーの値段が下がればたちどころに解決するし、大震災の被災地にエネルギーが届けば低体温症などという下らない病気で死ぬことは無い。その他様々な問題も、根はエネルギー、食糧、水に由来するものが殆どであることに注意しなければならない。
今、日本で電力使用量を減らせば、大量の失業者が出るだろう。僕たちは国税で彼らを支えなければならない。今ですら、内定は命よりも重たいというのに、その時代に僕たちは耐えられるだろうか?
そこで、もう一度問う。貴方は、エネルギーの不足に耐えられますか?と。


 だいぶ嫌味な書き方をしてしまったが、かなり心に引っかかったので、問うてみる。


<補足>
 火力発電をフル稼働させよという意見もあるが、短期的には『ただでさえ不足している精製済みの石油を燃やすんじゃない。被災地が干上がるだろ。』と思わず叫んでしまうし、長期的には石油の値段というのは上昇する一方であるのだから、いつか窮するよと言っておく。







自分なりの答え


 やはり、僕にはエネルギーを削減して寒々しい生活をすることも、放射能の恐怖に一生向かい続けることも出来そうにない。ならば、どうするのか。やはり新規のエネルギーの開拓しないだろう。ここ数年のあいだにもかなりの技術が開発された。
しかし、やはり、効率や地理的な制約という点でなかなか難しいものがある。風力は、適する地域を探すのはそれなりに骨であるし、地熱や波力もなかなかに限定されてしまう。太陽光も効率が上がってきたとはいえ、まだまだ発展途上である。自分が最有力視している藻油に関しても、実用化までは10年と遠い。
 とはいえ、それなりに予算を掛ければ新規エネルギーの開発は早まるだろう。ならば、国力を新規エネルギーの開発に注ぐように方針を変えるか?。国民がそういった研究に多くの国税を投入することを承認してくれれば、事は大きく動き出すだろうと思う。
 新規エネルギーが発展するまでは、原子力も容認する。あくまで中継ぎとしてだし、諸々の災害対策を採るということが前提になるが、短期的にあまりに供給電力が落ちるのは、正直受け入れられない。被災地の復興もあるしね。

 一言で言えば、原子力は短期的には容認し、長期的には撤廃する。そして、その間に新規エネルギー源の開発を急ぐ。月並みだが、これが僕の受け入れられる妥協点といったところか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ほっとけない原発震災
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

える

Author:える
文理不明の生き物。
知識を食って生きてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

目次
世界の民族一覧
- (試行版)
民族問題INDEX
- とある理系の民族問題

民族差別のテンプレート的言説


日本の歴史的地名
エジプトの簡易民族地理
サウジアラビア基礎情報
シリアの簡易民族地理


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


googleアドセンス

Amazon.co.jpアソシエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2レンタルサーバーLite

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。